最新情報

新規採用以外で就職を目指すなら

通常の日本企業で体育会系出身の人が採用さることが多い理由は、敬語がちゃんと使えるためだと聞きます。 体育会系といわれる部活動では、普段から先輩後輩が厳格に守られており、意識しなくても習得されています。 「志望している企業に臨んで、自分自身という人物を、どうしたら徳があって華々しくプレゼンできるか...

何とか就職したものの採用してくれた職場のことを「入ってみると全然違った」「やりたい仕事じゃない」

企業の面接官が自分の話を掴めているのか否かを眺めながら、ちゃんと「トーク」が普通にできるくらいになれば、きっと合格の可能性も高くなるのではないかと感じます。 資格だけではなく実務経験を持っている場合、職業紹介会社でも十分利用価値はあるのです。 なぜなら人材紹介会社を使って社員を募集している場合は...

「自らが好きな事ならどれほど辛くてもなんとか耐えられる」とか

ちょくちょく面接の際に薦めることとして、「自分ならではの言葉で話しなさい。 」との言葉を耳にすることがあります。さりながら、受け売りでない自分の言葉で語ることの意図することが飲み込めないのです。 免許や資格だけではなくて実務経験を一定以上に積んでいる人は、人材紹介会社等も利用してみてもよいだろう...

内々定と言われるのは

つまり就職活動の際に、ほしいと思っている情報は、職場のイメージまたは自分のやりたい仕事かどうかなどがほとんどで採用後の詳しい仕事内容とは異なり、応募する企業そのものを把握するのに必要な意味合いということだ。 内々定と言われるのは、新卒者に行う選考等における企業同士の倫理憲章に、正式に内定するのは...


サブコンテンツ

このページの先頭へ